読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン好きのサラリーマンのブログ

福岡市のサラリーマンがアフィリエイトで稼ぐブログ

ホームページやブログを運営する時の注意点

ホームページやブログを運営する時に注意したいこと

ホームページを作る時に注意したいのはタグの使い方です。特にh1タグh2タグは検索エンジンに対して非常に重要な意味を持ちます。

検索エンジンはまず最初にページのtitleを見に行きます。次にh1.h2のタグで囲まれたキーワードを見に行きます

タグの意味を理解して、検索して欲しいキーワードは必ずtitleとh1h2タグに含むようにしましょう。

WEBページを右クリックするとページのソースが見れるので、他の人のウェブサイトを見てタグの使い方を勉強するのも有効な手段です。

今話題のレスポンシブデザインを自分で作る(スマホ対応ホームページ)

こんにちは。

この記事では今話題のレスポンシブデザインを簡単に作る方法をご説明します。

 

私が作ったテンプレートを活用していきます。

まずは、ここからファイルをダウンロードしてください。

①index.html

②style.css

上の2種類のファイルがダウンロードされたと思います。

これを同じフォルダに保存してもらいます。

<画像>

保存が終わったら、index.htmlを開いてみます。

<画像>

こんな表示になったらOKです。

このレイアウトはレスポンシブ2カラムレイアウトというレイアウトです。

参考に、画面幅を小さくしていくと、どこかで2列目のサイドバーが一列目に回り込む様子がわかります。

<画像>

これは、スマホ用に横幅767px以下の画面幅の場合は2列だコンテンツが見にくくなってしますので2列ではなく1列に変更するようにデザインを調整しているからです。

これを「レスポンシブ」といいます。

なぜ2カラムレイアウトを推奨するのか

これは、例えば2CHまとめブログや大手ニュースサイトでは

 

今日は1時まで残業ー

夜中まで残業はキツイ。
f:id:honeyhoney360:20151108012400j:image
こんな風に寝たい。

となりのヤングジャンプでワンパンマン

日記

となりのヤングジャンプで連載中のワンパンマンって知ってます?

無料で漫画が読み放題のサービスです。

アイシールド21の作者が描いているワンパンマンが最高。

どんな怪物でもワンパンで倒してしまうワンパンマン。そんな最強のヒーローにも悩みがあったりして・・・

f:id:honeyhoney360:20151107234004p:plain

迫力のある絵と、ギャグ要素満載で無料漫画にしては最強です。

となりのヤングジャンプのウェブサイトはこちらから。

 

ホームページを作る時に気をつけること

独自ドメインを取得する

レンタルサーバーワードプレスが使えるものにする

③1ページのキーワードは3つに絞る

ホームページを作る時は、必ず守りたい三項目。

独自ドメインとは、インターネット上の住所みたいなものです。一般的にホームページを公開するときにはこの独自ドメインを必ず取得します。

ワードプレスはブログのシステムの事です。ワードプレスは集客に非常に強くて、ホームページへ人を誘導する為の入り口として活躍してくれます。ワードプレスにアクセスした人を、自分のホームページへ誘導するのが、集客力アップのコツです。

③キーワードは3つに絞る。これは、ホームページの目的や、特色を明確にする為。色んなカテゴリのページを作りたい場合は、ページ毎にキーワードを分けていった方が、アクセスアップに繋がります。


退職願いを書く

日記 退職願い

退職願いを書く

今から退職願いを書こうとしている。

他の仕事をしたくなったので退職。

退職願いの作り方で参考にするのはこのページ

f:id:honeyhoney360:20151105201709p:plain

こんな感じでいいらしいので、サクッと書きます。

で、封筒に入れて提出。

辞める日は、1月末にしようかなと思ってます。

辞めるまで2ヶ月って長いのかな?

今の職場では仕事に追われすぎて働きながら転職活動は難しそうなので転職活動は辞めてから始めます。

とりあえず、退職願い完成。

 

 

 

営業について

今日は営業手法について勉強になった。

私は法人向け営業をしてるが、経営者ばかりと話すので現場の意見をあまり考えてなかった。経営者も現場の意見に耳を傾けない人ばかりなので、そういう営業活動が当然と思ってた。

今日の経営者は違った。現場の人を管理するシステムではなくて、現場の人が使いやすいシステムが欲しいと言われた。現場を動かす為のシステムではなくて、現場が動きやすくなるシステム作りをして欲しいと。

なんか感動した。